2008年10月02日

Radiohead Japan Tour 2008 大阪市中央体育館10/1

photo.jpg
Radioheadの大阪市中央体育館でのライブに行って来ました。
彼らのライブを観るのは、2001年の大阪城ホール、2003年のサマーソニック、2004年のインテックス大阪公演に続いて、4度目。
さすがに4回目となると、初めて観た頃の待望感や、新鮮味は薄くなっていましたね。
なので今回は、他の公演のセットリストも見ず、当日のサプライズに期待するというスタンスで挑みました。

今回の会場である大阪市中央体育館は、初めて訪れる場所だったのですが、アクセスも比較的しやすいし、
場内のキャパシティや雰囲気も良くて、いい場所だなと思いました。
ただ、今回はチケット購入に出遅れたせいで、席は最後方のCブロック。
正直言って、殆どステージのメンバーは見えませんでしたね・・・。
普通に立っていて、時々ジョニーの顔だけがチラチラ見える程度。
なので、結構テンション上がらないなぁと思いつつ開演を迎えました。
単にメンバーを目視したいという人は、スタンドの方が多分マシだと思います。

今回の前座はModeselektor。
悪くは無かったんですけど、前回来日時のClinicの方が盛り上がってたような・・・。
何となくバックのSEが豪華になった程度に受け流されている印象がありました。

18:30の会場から、前座を経て19:30。
ようやくRadiohead登場。
ここまでで結構、待ちくたびれました。
しかも、登場してくるトコは見えませんでした・・・ガックリ。

今回のセットは、一言で言うと「暖簾」。
設置されている時はは、これが巨大モニターの代わりになるのかなぁと思っていたのですが、
楽曲の度に鮮やかな電飾となってステージを様々な光で彩っていました。
メンバーが殆ど見えなかったので、今回の公演は「暖簾」ばかり見てましたね。
特に「Paranoid Android」のラストで虹色の光を放った瞬間は歓声も沸いて、本当に綺麗でした。

冒頭の3曲はいきなりトップテンションに持って行こうという強気の選曲でしたが、
今回は特に、周りのノリが良くないように感じました。
後方ブロックだったからなのかも知れませんが、スタンドも含めて、わりとじっくり観てる人が多かった印象がありましたね。
「There There」はちょっと早すぎたかも。
アンコール明けあたりに持ってきた方が良かったように思いました。

セットの中で特徴として挙げられるのは、やはり新作の「In Rainbows」の楽曲。
結局、全曲がセットリストに収められたのですが、どの曲もスタジオのレコーディング音源とは一味違う「ライブ感」が出てましたね。
個人的には全曲を通じて、「Jigsaw Falling into Place」がダントツで良かったです。
こんなにライブ映えする曲だとは思ってなかったんですが、間奏のテンションの高さには恍惚感すら覚えましたね。
踊っていてとても気持ち良かったし。

「Reckoner」もライブで聴くと全然印象が違って、息を呑むような美しさと、音と光の混沌が迫ってきて素晴らしかったです。

「Videotape」は後半に音を重ねてもっと長々と引っ張るのかなと思ってたんですけど、意外とあっさりまとまってました。

「Nude」はやはりトムの歌声がよく映えてましたね。

「Exit Music」や「Pyramid Song」などもそうなのですが、
トムのヴォーカルは上手いというのとは違って、美しさがエモーショナルに表現されているという印象があります。

あと、「Like Spinning Plates」もそういう曲ですね。
この曲は初めてライブで聴けたので、単純に嬉しかったです。
やっぱりこれはライブ版の方が抜群に良いです。
なんで「Amnesiac」にはあんなゴチャゴチャしたバージョンが収録してあるのか疑問・・・に思ってる人も多いでしょう。

「Lucky」・・・は4回のライブ中、100%のヒット率ということで、さすがに「またかよ!!」と思ってしまいました。
もう、冒頭のイントロがちょっと鳴った瞬間にわかってしまう位。
なので、正直もう十分な感じで聴いてました。

「Paranoid Android」は、多分彼らのライブのハイライトに位置することが多い曲なので、
こればっかりはさすがに盛り上がるだろうと思っていたのですが、あんまりでした。
やっぱりRadioheadの曲は、ノリ辛いんでしょうか・・・。
近くにいた20代前半位の人が思いっきり縦ノリになってたりして、ちょっとビックリしてしまいました。

ラストは「Idioteque」。
今回はやらないのかなぁ・・・と思っていたのですが、最後に来ました。
でも、何となく消化不良。
やっぱり、何となく盛り上がりに欠けた印象がありましたね。
席の場所が悪かったのか、セットが悪かったのか・・・。

個人的には、あまり聴き込んでなかった「In Rainbows」がライブを経ることで、作品としてさらに消化されて行くことを期待していたので、
全曲セットに入っていたことや、それぞれのパフォーマンスにはとても満足しています。
ただ、その他の曲にはあまり新鮮味を感じなかったし、会場の盛り上がりを考えると、
テンションを高めて維持してくような構成では無かった楽曲のセレクションには少し不満が残りました。

残る日本公演は大阪が明日。
東京が4日間で、5公演。
どんなセットが組まれるかも楽しみなところですね。

SE/T_LIST

01.15 Step
02.There There
03.The National Anthem
04.All I Need
05.Pyramid Song
06.Talk Show Host
07.Nude
08.Weird Fishes/Arpeggi
09.The Gloaming
10.Faust Arp
11.Videotape
12.Reckoner
13.Optimistic
14.Jigsaw Falling into Place
15.The Bends
16.Exit Music (For A Film)
17.Bodysnatchers

<Encore 1>

18.House of Cards
19.Climbing Up the Walls
20.Paranoid Android
21.Dollars and Cents
22.Everything in its Right Place

<Encore 2>

23.Like Spinning Plates
24.Lucky
25.Idioteque


彼らのライブでどうしても期待してしまうのが、やはり「Creep」なわけで、
2003年サマソニで立ち会えなかった大阪組のひとりとして、やっぱり一生に一度は生で聴いてみたいという思いは、ライブの度に蘇るんですよね。
しかし、今回もその「瞬間」に立ち会うことは出来ませんでした。
予想はしていたけど、やっぱりガッカリ・・・。

いつかライブで「Creep」を聴ける日は訪れるのでしょうか・・・。

でも、「Parmanent Daylight」は2001年に生で聴いたぞ!
こっちの方がレア度は高いやろうし・・・と、そういうことを励みにしてみたり。

しかし、ジョニーが機械いじりに傾倒してから、「OK Computer」以前の曲は殆ど封印状態なんですよね。
「Trickster」、「Blow Out」、「Killer Cars」とか、今のアレンジで聴いてみたいのになぁ。
いつかRolling Stonesみたいにレア曲ライブとか発表して欲しいですね。

wall_head.jpg
WallPaper

radioheadhailtothethief_2.jpgradiohead1.jpg
携帯待受
タグ:Radiohead
posted by Singer at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ●live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107448939

この記事へのトラックバック
tag cloud
!!! 10-Feet 311 65DAYSOFSTATIC AI aiko AIR akiko Alicia Keys Archie Bronson Outfit Arctic Monkeys Bank Band Beastie Boys Beck Bent Fabric Big Strides Billy Preston BLOC PARTY Boom Boom Satellites Brett Anderson cajun dance party Calexico cardigans Charlatans CHEMISTRY Cibo Matto Coldplay Daft Punk delays diggs Digitalism Draytones Editors El Pres!idente EL PRESIDENTE ELLEGARDEN ELVIS COSTELLO Enemy feeling Foals Format Fountains Of Wayne FRANZ FERDINAND Fratellis Fray Freewheel GIRL NEXT DOOR Good Shoes Grand National Hives Hoobastank Incubus izam James Iha jason mraz John Butler Trio John Legend Jr. Albert Hammond Kasabian Keane keith KLAXONS Kooks Kula Shaker Little Barrie Locksley Long Blondes Mando Diao Maroon 5 Mars Volta Massive Attack Meryll MGMT MOGWAI Muse music Mute Math mutemath My Chemical Romance Mystery Jets NorA OASIS Ocean Color Scene ohana ONEREPUBLIC Ordinary Boys ORIGINAL LOVE PAUL WELLER Pearl Jam Perfume PHOENIX PRIMAL SCREAM prodigy Radiohead Rancid Rapture RAZORLIGHT RED HOT CHILI PEPPERS Rize Ron Sexsmith Russell Simins Salyu SBK SCISSOR SISTERS Scoobie Do Snow Patrol Soft soulwax SPACE COWBOY Spiritualized Spitz Steady&Co. Stereophonics Stills Strokes subways Sunshine Underground SUPER BUTTER DOG syrup16g Thom Yorke tool TRAVIS U2 Union Of Knives VAMPIRE WEEKEND Veils VERVE view VOLA & THE ORIENTAL MACHINE We Are Scientists ZZ いきものがかり つぐみ もたいまさこ やべきょうすけ りょう エレファントカシマシ オダギリジョー オリジナル・ラヴ キロロ クラムボン ゴリ ジュリアン・ムーア チャットモンチー デヴィッド・リンチ ネスミス ピエール瀧 フジファブリック ペ・ドゥナ マキシマム ザ ホルモン マーク・ラファロ マーティン・スコセッシ ミムラ ユースケ・サンタマリア リリー・フランキー レミオロメン 三宅弘城 三木聡 三池崇史 三浦春馬 上川隆也 上野樹里 中居正広 中川翔子 中村ゆり 中村優子 中村悠斗 中村義洋 中田秀夫 中越典子 二宮和也 井上真央 井坂俊哉 井筒和幸 今井美樹 仲村トオル 仲間由紀恵 伊勢谷友介 伊崎充則 伊東美咲 伊藤淳史 伊藤英明 佐々木蔵之介 佐津川愛美 佐藤江梨子 佐藤浩市 佐藤祐市 佐藤竹善 佐野和馬 倍賞千恵子 倍賞美津子 内田也哉子 内田有紀 前田亜季 前田敦子 加瀬亮 加藤翼 北上史欧 北村道子 北村龍平 南沢奈央 原田泰造 原田芳雄 吉沢悠 吉田栄作 周防正行 哀川翔 唐沢寿明 国分太一 土岐麻子 城田優 堀北真希 堀部圭亮 堤幸彦 堤真一 堺正章 堺雅人 塚地武雅 塚本高史 塩谷舜 夏川結衣 夏帆 大友克洋 大友康平 大塚愛 大島優子 大森南朋 大沢たかお 大泉洋 大竹しのぶ 大野智 天野浩成 妻夫木聡 宇多田ヒカル 安藤政信 宮崎あおい 宮本信子 宮藤官九郎 寺島進 小出恵介 小山卓治 小林薫 小栗旬 小沢真珠 小澤征悦 尾上菊之助 尾野真千子 山下敦弘 山崎まさよし 山本耕史 山田孝之 岡田将生 岸谷五朗 市原隼人 常盤貴子 平山秀幸 平川雄一朗 広末涼子 廣木隆一 役所広司 徳永英明 成海璃子 斉藤和義 新垣結衣 新城毅彦 木村カエラ 木村佳乃 木村多江 木村祐一 李相日 東京事変 松たか子 松下奈緒 松坂慶子 松尾スズキ 松山ケンイチ 松岡錠司 松嶋菜々子 松本潤 松田翔太 松田龍平 松雪泰子 柳楽優弥 柴咲コウ 柴田恭平 栗山千明 根岸吉太郎 桃井かおり 森山未來 樹木希林 橋爪功 櫻井翔 武田真治 水田伸生 永作博美 永瀬正敏 江角マキコ 池内博之 池松壮亮 池脇千鶴 沢尻エリカ 河口恭吾 深津絵里 濱田岳 瀬戸朝香 熊切和嘉 熊澤尚人 犬童一心 玉山鉄二 玉木宏 瑛太 生野慈朗 田中圭 田中麗奈 田口トモロヲ 相葉雅紀 真矢みき 矢崎仁司 石原さとみ 石坂浩二 石橋凌 石黒賢 神木隆之介 福士誠治 福田麻由子 秋元才加 窪塚俊介 竹内結子 竹財輝之助 笑福亭鶴瓶 笹野高史 絢香 綾瀬はるか 船越英一郎 草g剛 荻島達也 菊地凛子 萩生田宏治 蒼井優 薬師丸ひろ子 藤井隆 藤竜也 行定勲 袴田吉彦 西島秀俊 西田尚美 豊原功補 豊川悦司 貫地谷しほり 近野成美 遠藤憲一 金子久美 鈴木亜美 長澤まさみ 長瀬智也 長谷川潤 関めぐみ 関根史織 阿部サダヲ 阿部寛 香川照之 香椎由宇 香里奈 馬場康夫 高岡蒼佑 高岡蒼甫 高田雅博 麻生久美子 黒木瞳
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。