2006年07月16日

Coldplay(Intex Osaka)

Coldplay「Twisted Logic Tour2006」インテックス大阪公演に行ってきました。
「もう、気が狂う程好きだー!」って言うほどのアーティストではないんですけど、去年FUJIROCKに行った友人が大絶賛してたし、3rdの「X&Y」は去年最も売れたアルバムですしね。
(世界で830万枚という莫大なセールスを記録)
ということで、久々に「ビッグアーティストのライブ」っていうのを期待しての参加でした。
会場のインテックス大阪はサマソニ参加者にはお馴染みの場所。
丁度16日開催のイベント、「Soul Power2006」のリハーサルをやってたんですけど、オープンエアスタジアムのステージは入って左側に組んでありましたね。
あと約1ヶ月後、再びここで起こる様々な感動に期待しつつ、会場へ。

今日はB2ブロックで観たんですけど、スピーカー前だったせいか低音がデカくてピアノやギターの繊細な音か聴こえにくかったものの、
ライブ自体は流石一流アーティストといった感じの堂々としたショウでした。
セットはThe Beatles「Tomorrow Never Knows」のSEからスタート。
で、このSEがやたら長くてオーディエンスがヤキモキする中、ようやくバンドが登場。
序盤で印象的だったのが「Yellow」
今回はいい感じで外部の情報無しで参加したおかげで、ちょっとビックリだったんですが、3曲目っていうのは少し微妙な気もしました。
もうちょっと終盤に聴きたかったかなぁと。
演出に関してはちよっとベタな気もしましたが、個人的には初の経験だったのでなかなか良かったです。
続く「Speed Of Sound」では曲の終盤にクリスがこちらに向かって来て、そのままスピーカー上へ。
周囲は凄い熱狂に包まれました。
この時はかなりクリスが近かったので僕も思わず興奮しましたが、クリス自身はずーっと遠くを見てましたねぇ。
「Don't Panic」はステージに向かってクリスが右、中央ジョニー、左にガイという珍しい立位置でのプレイ。
MCでは「5年前ここでプレイしたのが懐かしい」みたいなことも語ってました。
「サマソニのことやなぁ」と思いながら聴いてたんですけど、あの頃はここまでビッグアーティストになるなんて本人たちも知る由も無かったことだろうし、
そう思うと彼らにとって今回の公演は感慨深いものがあったんだろうなぁと。
続く「The Kingdom Come」ではウィルがキーボード、ガイがブルースハープという珍しい編成での演奏。
こういう小品的楽曲も演出が効いていて楽しめましたね。
で、個人的に最も印象的だったのが「Clocks」
この時の演出が本当に綺麗で、ステージの各所から赤いレーザーが放射線状に出るんですけど、
これがステージ後方の壁に赤い波みたいな模様になって、とても幻想的でした。
演奏自体も後半に向かってボルテージが上がっていくという具合で、かなりテンション高かったです。

セットは一旦「Talk」で終了。
その後のアンコール一曲目は「Swallowed In The Sea」
曲の終盤でショウを撮影していたカメラがスルスルっとウィルのトコへ歩み寄って行ったので、
「ああ、次はアレやなぁ」と思ってたら、やっぱりそうでした、「In My Place」
凄い盛り上がりで、周囲は「Yeah!!」の大合唱。
で、曲の間奏のトコでクリスが急に居なくなった!と思ったら、会場後方にて発見!!
多分、中央の通路らへんまで行ってたような感じだったんですけど、後方で観てた人にとっては嬉しいパフォーマンスだったんじゃないでしょうか。
ラストは「Fix You」
実は、「X&Y」はあまり聴き込んで無かったのでイマイチ今日の演奏にも期待して無かったのですが、
ライブ映えする美しい旋律とダイナミックさを持ったナンバーだなぁと痛感しました。メンバー全員の合唱となる後半のエネルギーも素晴らしかったです。
最後は全員がステージ中央で肩を組んで、全員でお辞儀。
つくづくビッグアーティストとしての奢りや高ぶりの無い、謙虚で律儀なハンドだなぁと思いました。
こういう姿勢も含めてさらに個人的にはかなり好感度アップ。次回の来日にも是非足を運びたいですねぇ。
ちなみにラストの後にまたもThe Beatlesの「Good Night」が流れてました。

ショウは全16曲、90分と短い印象がありましたが、内容は充実していたと思います。
個人的に聴きたいなぁと思ってた曲はほぼ演奏されたし、唯一「Everything's Not Lost」が聴けなかったのが残念だったくらいで。
各楽曲のクオリティも高かったし、CDの音源だけでは埋まらない感動がすぐ近くで鳴っているという親近感のようなものを覚えました。
全編を通して退屈する所が殆ど見当たらない位、隙の無いパフォーマンスも見事でしたね。
クリスのプロペラのような動きもメリハリがあって印象的だったのですが、そのせいでシャツの脇が破れてたりしてましたねぇ(多分両脇ともだったと思います)。
でもまぁ、ある意味ライブ慣れしている自分にとっては、物足りないわけでは無いのですが新鮮な感動は薄かったような感も残りました。
近くで観てた女性が本当に凄かったんですよ。
もう「クリスに首っ丈」って位に彼の一挙手一投足に黄色い声援を送ってたし、飛んだり跳ねたり忙しく、本当に心の底からライブを楽しんでる姿にとても爽快感を覚えたりしまして。
で、自分と比べてやっぱフレッシュな感動を沢山体感してるんだろうなぁと思ったりしたんですよね。
ちょっと羨ましいと思いつつも、自分にもそういう時期はあったし、そういう意味で言うと彼らをきっかけに洋楽に興味を持ったような新しいリスナーには是非観て欲しいなぁと。

彼らというと、U2Radioheadとの比較をよくされていたアーティストですが、U2程派手じゃなく、Radiohead程難解ではなく、
oasis程無愛想でなくという感じで、いろんな意味で程よく完成された位置にいるアーティストだなぁと思いました。
過剰ではなく、質素でもない。
ある意味ファジーとも言える、微妙に曖昧な立ち位置で最高の物を産みだすという、そんな彼らのスタイルが結実したステージでした。
coldplay.jpgX&Y-Japan Only(CCCD)
↑帰りに頼まれていたTシャツを買いに物販ベースへ。凄い混雑の中何とかゲットしたTシャツ(これは自分用)です。
アーティストロゴの下の金色のヤツはライブに行った人ならわかるアレです。(ついつい記念に拾ってしまいました・・・)。
   
Setlist
  
01. Square One
02. Politik
03. Yellow
04. Speed of Sound
05. God Put A Smile On Your Face
06. What If
07. Don't Panic
08. White Shadows
09. The Scientist
10. Till Kingdom Come
11. Trouble
12. Clocks
13. Talk
(Encore:)
14. Swallowed In The Sea
15. In My Place
16. Fix You


ラベル:Coldplay
posted by Singer at 02:46| Comment(2) | TrackBack(1) | ●live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスのシャツの脇やぶれてたんですか(笑)気合入りまくりですね!最後4人で並んでお辞儀する姿は素敵でしたね。謙虚で。音楽も人柄もまっすぐに綺麗なバンドだなーと思いましたよ。
ところで、セットリスト上のカラフルなデザイン、上手いですね!!

>U2程派手じゃなく、Radiohead程難解ではなく、oasis程無愛想でなく
ほんとにそんな感じですよね。いい位置です。
Posted by きょん at 2006年07月17日 20:02
きょんさん、いつもコメントありがとうございます!!
公演中、ふと「同じ場所で同じものを観てるんやなぁ・・・」と思い出したりもしましたよ!

しかし、ライブは本当に良かったです。
珍しく何回も鳥肌立ちましたし・・・。
予想以上に彼らの生真面目さが音楽にも表れているステージで、幸福感に満ちるような部分も沢山ありましたね。

セットリストのデザインは、まぁ凝り性なんで変なトコで時間掛けてしまうんですよねぇ。
とはいっても、■に色付けてるだけですけどね。
Posted by K at 2006年07月18日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【music】 coldplay
Excerpt: 大阪行ってきました。 あつかった〜。上から下から、横から熱風が。。。 緑に囲まれた生活にすっかり戻っちゃって、 都会は暑いなぁとシミジミ。 夏。嫌いなのに、よくここに住んでたな〜。 んで..
Weblog: YUN DAYS
Tracked: 2006-07-16 22:42
tag cloud
!!! 10-Feet 311 65DAYSOFSTATIC AI aiko AIR akiko Alicia Keys Archie Bronson Outfit Arctic Monkeys Bank Band Beastie Boys Beck Bent Fabric Big Strides Billy Preston BLOC PARTY Boom Boom Satellites Brett Anderson cajun dance party Calexico cardigans Charlatans CHEMISTRY Cibo Matto Coldplay Daft Punk delays diggs Digitalism Draytones Editors El Pres!idente EL PRESIDENTE ELLEGARDEN ELVIS COSTELLO Enemy feeling Foals Format Fountains Of Wayne FRANZ FERDINAND Fratellis Fray Freewheel GIRL NEXT DOOR Good Shoes Grand National Hives Hoobastank Incubus izam James Iha jason mraz John Butler Trio John Legend Jr. Albert Hammond Kasabian Keane keith KLAXONS Kooks Kula Shaker Little Barrie Locksley Long Blondes Mando Diao Maroon 5 Mars Volta Massive Attack Meryll MGMT MOGWAI Muse music Mute Math mutemath My Chemical Romance Mystery Jets NorA OASIS Ocean Color Scene ohana ONEREPUBLIC Ordinary Boys ORIGINAL LOVE PAUL WELLER Pearl Jam Perfume PHOENIX PRIMAL SCREAM prodigy Radiohead Rancid Rapture RAZORLIGHT RED HOT CHILI PEPPERS Rize Ron Sexsmith Russell Simins Salyu SBK SCISSOR SISTERS Scoobie Do Snow Patrol Soft soulwax SPACE COWBOY Spiritualized Spitz Steady&Co. Stereophonics Stills Strokes subways Sunshine Underground SUPER BUTTER DOG syrup16g Thom Yorke tool TRAVIS U2 Union Of Knives VAMPIRE WEEKEND Veils VERVE view VOLA & THE ORIENTAL MACHINE We Are Scientists ZZ いきものがかり つぐみ もたいまさこ やべきょうすけ りょう エレファントカシマシ オダギリジョー オリジナル・ラヴ キロロ クラムボン ゴリ ジュリアン・ムーア チャットモンチー デヴィッド・リンチ ネスミス ピエール瀧 フジファブリック ペ・ドゥナ マキシマム ザ ホルモン マーク・ラファロ マーティン・スコセッシ ミムラ ユースケ・サンタマリア リリー・フランキー レミオロメン 三宅弘城 三木聡 三池崇史 三浦春馬 上川隆也 上野樹里 中居正広 中川翔子 中村ゆり 中村優子 中村悠斗 中村義洋 中田秀夫 中越典子 二宮和也 井上真央 井坂俊哉 井筒和幸 今井美樹 仲村トオル 仲間由紀恵 伊勢谷友介 伊崎充則 伊東美咲 伊藤淳史 伊藤英明 佐々木蔵之介 佐津川愛美 佐藤江梨子 佐藤浩市 佐藤祐市 佐藤竹善 佐野和馬 倍賞千恵子 倍賞美津子 内田也哉子 内田有紀 前田亜季 前田敦子 加瀬亮 加藤翼 北上史欧 北村道子 北村龍平 南沢奈央 原田泰造 原田芳雄 吉沢悠 吉田栄作 周防正行 哀川翔 唐沢寿明 国分太一 土岐麻子 城田優 堀北真希 堀部圭亮 堤幸彦 堤真一 堺正章 堺雅人 塚地武雅 塚本高史 塩谷舜 夏川結衣 夏帆 大友克洋 大友康平 大塚愛 大島優子 大森南朋 大沢たかお 大泉洋 大竹しのぶ 大野智 天野浩成 妻夫木聡 宇多田ヒカル 安藤政信 宮崎あおい 宮本信子 宮藤官九郎 寺島進 小出恵介 小山卓治 小林薫 小栗旬 小沢真珠 小澤征悦 尾上菊之助 尾野真千子 山下敦弘 山崎まさよし 山本耕史 山田孝之 岡田将生 岸谷五朗 市原隼人 常盤貴子 平山秀幸 平川雄一朗 広末涼子 廣木隆一 役所広司 徳永英明 成海璃子 斉藤和義 新垣結衣 新城毅彦 木村カエラ 木村佳乃 木村多江 木村祐一 李相日 東京事変 松たか子 松下奈緒 松坂慶子 松尾スズキ 松山ケンイチ 松岡錠司 松嶋菜々子 松本潤 松田翔太 松田龍平 松雪泰子 柳楽優弥 柴咲コウ 柴田恭平 栗山千明 根岸吉太郎 桃井かおり 森山未來 樹木希林 橋爪功 櫻井翔 武田真治 水田伸生 永作博美 永瀬正敏 江角マキコ 池内博之 池松壮亮 池脇千鶴 沢尻エリカ 河口恭吾 深津絵里 濱田岳 瀬戸朝香 熊切和嘉 熊澤尚人 犬童一心 玉山鉄二 玉木宏 瑛太 生野慈朗 田中圭 田中麗奈 田口トモロヲ 相葉雅紀 真矢みき 矢崎仁司 石原さとみ 石坂浩二 石橋凌 石黒賢 神木隆之介 福士誠治 福田麻由子 秋元才加 窪塚俊介 竹内結子 竹財輝之助 笑福亭鶴瓶 笹野高史 絢香 綾瀬はるか 船越英一郎 草g剛 荻島達也 菊地凛子 萩生田宏治 蒼井優 薬師丸ひろ子 藤井隆 藤竜也 行定勲 袴田吉彦 西島秀俊 西田尚美 豊原功補 豊川悦司 貫地谷しほり 近野成美 遠藤憲一 金子久美 鈴木亜美 長澤まさみ 長瀬智也 長谷川潤 関めぐみ 関根史織 阿部サダヲ 阿部寛 香川照之 香椎由宇 香里奈 馬場康夫 高岡蒼佑 高岡蒼甫 高田雅博 麻生久美子 黒木瞳
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。