2006年08月16日

20:05〜Daft Punk

シャーラタンズでスタミナが限界に近づきつつあった上、物凄い人だかりになってきたので前方から後方へ。
PA付近まで下がって踊れるスペースがありそうな所で観ました。
ハッキリ言います。
ベストアクトでした・・・。
サマソニ歴代でも最高でした・・・。
今年最後のアクトってことで、気合入りまくってた所もありますが、あの音はマジで反則です。
もう、ホントに生音バンドとかやってられなくなる位、踊りまくれましたね。
個人的にあんなに長時間グルーヴに揺れまくったライブは初めてで、もう朝まで行けそうってくらい終始盛り上がりました。
そして、マウンテンの熱気も物凄かった!
僕はサマソニ5回目ですが、あれだけの人数が揺れまくってる風景は今まで観た事ないです。
僕の周りも我を忘れて揺れまくってる女性、最初は軽く揺れてたはずなのに、後半は人が変わったかのように踊りまくっていた隣のコ、
やたら飛びまくってる外人など、それぞれがそれぞれに溢れるグルーヴを自分なりに受け取ってるんだなぁと思い、幸福感に満たされましたね。
「One More Time」とか・・・何なんアレ・・・。
あんなキラーチューン、観たこと無いですよ・・・。
やっぱみんなそれまで楽しみつつ、「いつ来るねん!」って待ち構えてたと思うんですけど、イントロに繋がった途端、
飛ぶ飛ぶ、揺れる揺れる、跳ねる跳ねる、肩車出るで、物凄いフィーバーっぷり。
踊りながら横や後ろの様子を見つつ、「凄ぇ、ダフトパンク、凄ぇわ」と笑える位思いましたね。

ステージセットの視覚効果も凝っていて見所ありましたが、殆ど観なくてもいいって位、サウンドの心地良さが勝りまくってました。
何かグルーヴがデジタルシグナルに変換されて全身に「踊ろう!」と呼び掛けてくるみたいで。
本当に終わるのが惜しい位のステージで、彼等を今年最後に観れて本当に良かったと心から思いました。
とにかく楽しかった!!
メチャ疲れてたせいもあると思いますが、あまりの気持ち良さに途中何度も泣きそうになったりもしました。
疲労で感情のフィルターが薄くなってて、心の純度の高い瞬間に体験出来たからこそ、何度も何度も感極まったんだろうなぁと。
ライブでこんな経験するのは初めてでしたね。

終演後、後方で観てた友人を待ってたら、退場していく客の一帯から「フォーッ!」って歓声が上がったりしてたし、
本当にみんなも満足度高かったんやなぁと実感。嬉しさが込み上げてきました。

この分だとUnder WorldChemical Brothersなんかも来年はブッキング対象に入れられそうですね。
今年Massive AttackとDaft Punkを呼んだのも、そういうテクノ路線への布石なんかなぁとも思ったりもしました。

友人談・・・開演前はやっぱり入場規制掛かってたみたいです。
そんな中、クドカン(グルーヴ魂)が涼しい顔で入場してったみたいで、待ってる人らが羨望の眼差しで見届けてたそうです。
ちなみに友人は途中から何とか入れたそうで、何とかこの素晴らしいアクトを楽しめたようでした。

あと、途中で会場に飛び込んだ青い風船は、ソニックのFlaming Lipsの会場から誰かが持ち込んだみたいですね。
「何?この風船!ダフトパンクらしくないやん!」と一瞬思ったし、たったの5個だったんで妙な演出やなぁと思ったんですが、それを聞いて納得。

今年は友人、知人が見事に全員トリで分散しましたが、メタリカ、フレイミング・リップスもかなり良かったみたいですね。
それぞれが素晴らしいアクトで有終の美を飾れたようで、帰りはサマソニ談義に大いに華を咲かせて大満足でした。
でも、やっぱ僕はダフトパンク選んで大正解やったと確信してます。
今回スルーした人、サマソニ来れなかった人に来日公演があれば是非観て欲しいと心から思いました!

■あとがき■
今年のサマソニは本当に楽しかったです。
このブログを始めて、色んな方々と音楽の話や情報交換が出来たし、
そのひとつひとつがこのイベントを通じて「音を楽しむ」という部分で、皆さんと共有出来たのかなと自分では思っています。
コメントを下さった皆さん、いつもお世話になっているブログの管理人の皆さん。
どうも、ありがとうございました!!
ラベル:Daft Punk
posted by Singer at 04:31| Comment(2) | TrackBack(1) | ●live report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした!サマソニ当日のみならず、こちらのレポも大変だったと思います。読んでいると熱いものがよみがえってきます。

65dosのとき私はかなり前方にいたので覚えてますよ、あの場違いなモッシュ少年は(笑)何度も押し返して防戦してました。踊り狂ってる人もけっこういて楽しかったです。朝からすごい一発をくらった気分でした。1月に再来日するみたいですが、東京だけでなくぜひ大阪にも来てほしいですねー。

Hoobastankのボンジョヴィカバーは盛り上がりましたよねぇ。ちゃんと固定のファンをつかんで安定してきたなぁ、という感じでした。Out of Controlは私もかなりはしゃぎました(笑)

ダフトはやっぱり、見とくべきだったかしら…
Posted by きょん at 2006年08月18日 01:10
きょんさん、度々コメントありがとうございました!!
そして、サマソニお疲れ様です!!
65dosはきょんさんの推薦があって、観れたようなものなので感謝してます!!
僕は被害が及ばない程度の所に避難しましたけど、あのモッシュ少年は凄かったですねぇ。でも、僕も踊り狂いに近かったかも・・・。Keaneキャンセルで朝から自棄モードだったし・・・。
大阪公演だとZeppですかねぇ。ハッチあたりの方が行きやすくていいんやけどなぁ。

Hoobastankは初ライブだったんですけど、期待を裏切らないセットとパフォーマンスに満足でした。晴天の下というのも良かった。
「Crowing In The Dark」聴き逃したのは残念でしたが・・・。

ダフトパンクは次の機会があれば是非、是非観て欲しいと思いますね。
本気で泣きそうになる位気持ち良かったんで・・・。個人的には生涯ベストライブのひとつに加えても遜色ない程の経験でした。
Posted by K at 2006年08月18日 03:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サマソニ2006
Excerpt: 遅ればせながらサマソニの内容。 しかし今振り返ってみると、暑い1日だったね〜。 ボクは11時頃に幕張に着いたんだけど、先ずはロッテリアで腹ごしらえ。 会場には12時前位に着いて、マリンスタジアム..
Weblog: 何となく独り言
Tracked: 2006-08-16 08:55
tag cloud
!!! 10-Feet 311 65DAYSOFSTATIC AI aiko AIR akiko Alicia Keys Archie Bronson Outfit Arctic Monkeys Bank Band Beastie Boys Beck Bent Fabric Big Strides Billy Preston BLOC PARTY Boom Boom Satellites Brett Anderson cajun dance party Calexico cardigans Charlatans CHEMISTRY Cibo Matto Coldplay Daft Punk delays diggs Digitalism Draytones Editors El Pres!idente EL PRESIDENTE ELLEGARDEN ELVIS COSTELLO Enemy feeling Foals Format Fountains Of Wayne FRANZ FERDINAND Fratellis Fray Freewheel GIRL NEXT DOOR Good Shoes Grand National Hives Hoobastank Incubus izam James Iha jason mraz John Butler Trio John Legend Jr. Albert Hammond Kasabian Keane keith KLAXONS Kooks Kula Shaker Little Barrie Locksley Long Blondes Mando Diao Maroon 5 Mars Volta Massive Attack Meryll MGMT MOGWAI Muse music Mute Math mutemath My Chemical Romance Mystery Jets NorA OASIS Ocean Color Scene ohana ONEREPUBLIC Ordinary Boys ORIGINAL LOVE PAUL WELLER Pearl Jam Perfume PHOENIX PRIMAL SCREAM prodigy Radiohead Rancid Rapture RAZORLIGHT RED HOT CHILI PEPPERS Rize Ron Sexsmith Russell Simins Salyu SBK SCISSOR SISTERS Scoobie Do Snow Patrol Soft soulwax SPACE COWBOY Spiritualized Spitz Steady&Co. Stereophonics Stills Strokes subways Sunshine Underground SUPER BUTTER DOG syrup16g Thom Yorke tool TRAVIS U2 Union Of Knives VAMPIRE WEEKEND Veils VERVE view VOLA & THE ORIENTAL MACHINE We Are Scientists ZZ いきものがかり つぐみ もたいまさこ やべきょうすけ りょう エレファントカシマシ オダギリジョー オリジナル・ラヴ キロロ クラムボン ゴリ ジュリアン・ムーア チャットモンチー デヴィッド・リンチ ネスミス ピエール瀧 フジファブリック ペ・ドゥナ マキシマム ザ ホルモン マーク・ラファロ マーティン・スコセッシ ミムラ ユースケ・サンタマリア リリー・フランキー レミオロメン 三宅弘城 三木聡 三池崇史 三浦春馬 上川隆也 上野樹里 中居正広 中川翔子 中村ゆり 中村優子 中村悠斗 中村義洋 中田秀夫 中越典子 二宮和也 井上真央 井坂俊哉 井筒和幸 今井美樹 仲村トオル 仲間由紀恵 伊勢谷友介 伊崎充則 伊東美咲 伊藤淳史 伊藤英明 佐々木蔵之介 佐津川愛美 佐藤江梨子 佐藤浩市 佐藤祐市 佐藤竹善 佐野和馬 倍賞千恵子 倍賞美津子 内田也哉子 内田有紀 前田亜季 前田敦子 加瀬亮 加藤翼 北上史欧 北村道子 北村龍平 南沢奈央 原田泰造 原田芳雄 吉沢悠 吉田栄作 周防正行 哀川翔 唐沢寿明 国分太一 土岐麻子 城田優 堀北真希 堀部圭亮 堤幸彦 堤真一 堺正章 堺雅人 塚地武雅 塚本高史 塩谷舜 夏川結衣 夏帆 大友克洋 大友康平 大塚愛 大島優子 大森南朋 大沢たかお 大泉洋 大竹しのぶ 大野智 天野浩成 妻夫木聡 宇多田ヒカル 安藤政信 宮崎あおい 宮本信子 宮藤官九郎 寺島進 小出恵介 小山卓治 小林薫 小栗旬 小沢真珠 小澤征悦 尾上菊之助 尾野真千子 山下敦弘 山崎まさよし 山本耕史 山田孝之 岡田将生 岸谷五朗 市原隼人 常盤貴子 平山秀幸 平川雄一朗 広末涼子 廣木隆一 役所広司 徳永英明 成海璃子 斉藤和義 新垣結衣 新城毅彦 木村カエラ 木村佳乃 木村多江 木村祐一 李相日 東京事変 松たか子 松下奈緒 松坂慶子 松尾スズキ 松山ケンイチ 松岡錠司 松嶋菜々子 松本潤 松田翔太 松田龍平 松雪泰子 柳楽優弥 柴咲コウ 柴田恭平 栗山千明 根岸吉太郎 桃井かおり 森山未來 樹木希林 橋爪功 櫻井翔 武田真治 水田伸生 永作博美 永瀬正敏 江角マキコ 池内博之 池松壮亮 池脇千鶴 沢尻エリカ 河口恭吾 深津絵里 濱田岳 瀬戸朝香 熊切和嘉 熊澤尚人 犬童一心 玉山鉄二 玉木宏 瑛太 生野慈朗 田中圭 田中麗奈 田口トモロヲ 相葉雅紀 真矢みき 矢崎仁司 石原さとみ 石坂浩二 石橋凌 石黒賢 神木隆之介 福士誠治 福田麻由子 秋元才加 窪塚俊介 竹内結子 竹財輝之助 笑福亭鶴瓶 笹野高史 絢香 綾瀬はるか 船越英一郎 草g剛 荻島達也 菊地凛子 萩生田宏治 蒼井優 薬師丸ひろ子 藤井隆 藤竜也 行定勲 袴田吉彦 西島秀俊 西田尚美 豊原功補 豊川悦司 貫地谷しほり 近野成美 遠藤憲一 金子久美 鈴木亜美 長澤まさみ 長瀬智也 長谷川潤 関めぐみ 関根史織 阿部サダヲ 阿部寛 香川照之 香椎由宇 香里奈 馬場康夫 高岡蒼佑 高岡蒼甫 高田雅博 麻生久美子 黒木瞳
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。